春生の人と共存できません。

趣味で小説を書く者です。

春ですね

こんばんは、春生です。

 

昨日大きな神社に行ったところ、桜が咲いていて春を感じました。

何年もまじまじと桜を見ていなかったので、とても懐かしい気分になりました。

バスの停留所に有る人気の無いベンチの隣に灰皿があったので、風を感じながら煙草を一本吸ったのですが、なんとも言えない気持ち良さがありました。

数年前に体調を崩してからはそんなに外に出る事も無くなり、長い距離を歩いたりもしていなかったのでいい運動になりました。

 

 

春と言えば新学期や新しく社会に出た人など様々いると思います。

私も一番近いもので言うと、大学に入った事を思い出します。

私が行っていた大学は高校と同系列の大学だったので、大した苦労もせずに入りました。

結局体調が悪くなり一年で辞めてしまいました。

体調を一年崩しただけで大学を辞めることになるとは高校三年の私は思ってもいないでしょうね。

人生ほんとに何があるか分からないなと綺麗事では無く、身に染みて実感しました。

新しい生活が始まった人もそうではない、いつものままの生活の人も、気だけはしっかりもって頑張ってください。

病は気からと言うのは迷信でも何でもないです、明るく生きてたら明るくなります。

大学を辞めて働いて辞めて、そんなこと言える立場でも無いですけれど、学生なんかは特にそう感じます、上からで申し訳ないです。

 

そしてそんな最近の私は就職に二回落ちました。

本関係の所を目星にしているのですが、私の意欲が伝わらないのか、経歴が駄目なのか、色々な要素は有ります。

もう二十歳になった事だし、いい加減作家になる夢なんて諦めるしかない、本関係の仕事に就きたいなんて夢を見るのもそろそろ辞めないといけないな、と感じています。

「十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人」ということわざにもある通り、もう私はただの人に成り下がったんでしょう。

作家になりたいのに、最近では無論投稿すらしていませんし、中々家から出る事もしていないせいか、小説投稿を始めた十五歳の頃に比べてネタも出ません。

元々二十歳になる迄になにか成果を残せなかったら辞めよう辞めようなんて考えていたのに、引き摺って今しょうもない大人になってしまいました。

簡単に諦めがつくのなら遠に諦めていたのでしょうが、何故子供の頃から頑固で、一つ集中するものがあればその事しか見えない性分でして、中々二十歳になっても諦めきれない部分があります。

けれど時が来たらスっと居なくなるのだろうな、と感じます。

才能は無いんでしょうが、まだとりあえず少し自分を待ってみたいと思います。

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

ツイッターもやっておりますので、よろしければどうぞ。

 

@harukisn