春生の人と共存できません。

趣味で小説を書く者です。

人に馬鹿にされる方法を覚えたらもっと面白いものが書けるかもしれない。

こんばんは、春生です。

 

内容はタイトル通りなのですが、人に馬鹿にされる方法を覚えたらもっと面白い物が書けるのかもしれない、なんて思ったのはついさっきの話です。

今まで自分が書いてた小説なるものは、小説とエッセイの中間のようなものでした。

自分の経験を、話を変えて書くというのはよくありますが、今までのものを読んでて思ったのは、自分を棚に上げてるな〜という事でした。

そんな文を書いて何が面白いのか?と思った時に、何も面白くないな、と気付いたのがついさっきの話です。

ならば今度は自分の経験を如何に、馬鹿にしてもらうか、と言うのを考えて書いてみよう、と思ったのは今です。

 

いつになるかわかりませんが、長ったらしく諦めずに書いてみようかなと思ってるものがあります、という話でした。

 

f:id:harukisn:20180210001805j:image

 

 

@harukisn