読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春生志乃の喜怒哀楽

投稿したネット小説の宣伝や日常的な事を中心に書いています

我が小説、一見、見る価値にも価せず

本日投稿した『異質 http://slib.net/69540 』は異質になりたがった人間の考え抜いた末の結論を書いたものである。


異質な人間とは、一体この世に存在するのだろうか。


そんなもの、何処にもいるはずがない。


わかっていても、なろうとするのは、自分に何かしらの価値や力があると思い込んでいるからだ。


歳が食えば解決する話でもない。


なんて、そんな小説だ。


異質な人間なんていない。



Twitter→ @harukisn

星空文庫→ http://slib.net/a/10574/

小説家になろう→ http://mypage.syosetu.com/993096/